週間ニュース速報

January 2002

このページはシミュレーションゲームに関連する世界中のニュースと、我がサンセット・ゲームズが日頃どのような活動を行っているのか、そして古角博昭自身の日々の生態(?)を報告するページです。

毎週更新されますが、更新する曜日は決まっていません。

新しい情報をキャッチ次第、そして僕自身が書きたくなったら少しずつ書いていこうと思います。

皆さんからのニュース投稿もお待ちしています。

 1/31 

Middle-Earth東京支部と「無名戦士の集い」の合同例会を開催します

来たる2月11日(月祝)、Middle-Earth東京支部は群馬県邑楽郡大泉町文化むらにて「無名戦士の集い」に参加させて頂くことになりました。当日は、さらに足利S研(通称「羽生チーム」)の方々も来場してくれる予定です。

会場は大泉町「文化むら」第二研修室(名称:史跡研究会)、最寄り駅は東武小泉線「東小泉駅」で、そこから徒歩15分ということです。朝の9時30分から開場しています。

なお、参加費用は300円+消費税(含飲物、施設使用費)となっています。

ちなみに、僕も参加予定です。前日は新潟県小出町で開催される国際雪合戦大会に出場しているので、翌日の午前8時50分JR熊谷着の上越新幹線で南下します。

ご近所の方、よければみんなで一緒に楽しみましょう。

それでは宮永さん、楽しみにしていますよ。

あと、東京支部の小嶋さん、お迎えよろしくお願いしますね。

 

 1/30 

JGC WEST02にMiddle-Earth東京支部会員が集合します

3月9〜10日に1泊2日で大阪南港で開催されるゲームの祭典「JGC WEST 02」には、Middle-Earth東京支部から栗山支部長はじめ8名が参加してくれることになりました。

もちろん、大阪本部からも小野SLG部長他数名が参加予定です。

そして、ここでバルジの鉄人松山氏と紫藤氏が『<EP>関ヶ原』の対戦されるようです。

両者共にかなりの強者なので、この東西対決は一見の価値ありです。

時間の許す方は、よければ参加して下さい。たくさんの人で賑わって、きっと楽しいはずですよ。一緒に夜を明かしましょう。 →ご予約はJGC公式サイトへ。

 

 1/28 

『ハウス・デバイデッド 3rd』の入荷が遅れています

注文数の確定が遅れ、2月下旬頃に入荷することになりそうです。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

 

 1/27 

『シャーマンキングTCG』のイベント派遣スタッフの仕事をしています

カウンタートレイでお世話になった会社からオファーがあり、1月の連休の研修を経て、トーナメント大会の派遣スタッフの仕事をしています。とはいっても、ほとんどは約10名のスタッフ(みんな僕の友人たちです)が出張に出て、僕自身が現場に出ることはほとんどありませんけど…。その範囲は名古屋から九州まで、開催地も日曜日になると5〜6件あるので、みんな飛び回っています(笑)。

大阪のスタッフは先週から始動、現場に出るのは始めてということでしたの、先週の日曜日には奈良県大和郡山市に、今日は大阪市中央区のカードショップにサポートに行ってきました。

長男の修平(10歳)もデッキを作ってトーナメントに参加、久しぶりに親子で楽しい時間を過ごしました。 

 

 1/22 

『TICTACS』が復活します

長らく休刊していた『TICTACS』ですが、来月からまた発行していきます。

全国のMiddle-Earth地方会員の皆さん、ご迷惑をお掛けしましたが、またよろしくお願いします。

新作情報の他、「<HJ>凍結戦線」のバトルレポートなどを掲載する予定です。

 

 1/20 

Yahoo! オークションが復活の兆し !?

久しぶりにオークションのページを見ましたが、入札件数や価格など一時に比べると、また盛り上がってきたように思います。

僕も部屋を整理を兼ねて、近日中にたくさんのゲームを出品しようと思っていますので、どこかで巡り会った時はよろしくお願いします。

 

 1/16 

ウド・グレーベ・ゲームデザイン社がGMT社製品の取り扱いを開始しました

ドイツのUGG社が米国GMT社と提携し、「GMTヨーロッパ」を開設しました。

今後、両社はお互いの商品を自社サイトから通販し、全てのサポートもそれぞれ受け付けるようです。UGG社の米国における窓口だったゲーマーズ社が昨秋に買収されたことによるものと思われます。

なお、UGG社はMiH商品も扱っており、小社ですでに絶版になっている『神々の黄昏』などの各種ゲームがまだ買えるようです。 → UGG社のMiHゲーム価格一覧

 

 1/14 

実は上京していました

トレーディングカードゲームの仕事の関係で、12日夜から14日夜まで水道橋にいました。

2日続けて朝から晩まで研修ということで、いろいろな人に会いたかったのですが、どれもかないませんでした。

またの機会に、と思っています。

 

 1/10 

WAR ZONE Cのサイトをリンクに追加しました

PPShさんが主催するウォーゲームと戦史の情報を集めたサイトで、特にPBEM(電子メール対戦)の内容が充実しています。→ リンクのページへ
ここで紹介されている米国のデイル・ラーソン氏が開発したWindows用フリーウェア「サイバーボード」は非常に便利なツールで、最近では『コマンド・マガジン日本版』でも紹介されています。

ちなみに、僕も今、『失われた勝利』をこのサイバーボードを使って、仙台の方と対戦しています。初めて見た時には、サイバーボードの充実した機能には舌を巻きました。

 

 1/8 

Middle-Earth東京支部の定例会に関して

転勤していった栗山支部長率いるMiddle-Earth東京支部の定例会は、今年から毎月2回のペースで開催されることになりました。

おかげさまで会員数も増え、精力的な活動を続けています。

詳細は栗山支部長までお気軽にご連絡下さい。

 

 1/4 

『シックス・アングルズ クワドリ(仮)』をプロジェクト100に追加しました

創刊号「ザポロジェ1943」、第2号「桶狭間1560」、第3号「サハリン1945」、第5号「ゲティスバーグ1863」の4つのゲームをセットにしたクワドリゲームとして再販します。

ゲームは全てマップとユニットをリメイク、「桶狭間1560」はルールを改訂した第2版となる予定です。

本誌はヒストリカルノート他、バックナンバーの記事を一部抜粋して構成し、ルールブックは各ゲーム毎にB5判の別冊を用意する予定です。

定価は6800円+消費税(税別)を予定しています。

ご予約はプロジェクト100のページでお願いします。

近日中に、『戦国大名』も価格を発表します。

 

 1/2 

MiHブランドゲームが絶版になりました

MiHブランドの発売元クリティカル・ヒット社から連絡があり、「グーテアデメルンク1945−神々の黄昏」や「イースト・ウォール」他いくつかのゲームが絶版になりました。詳細に関しましては、モメンツ・イン・ヒストリー社のページ、または取扱商品一覧のページをご覧になって下さい。

特に、「グーテアデメルンク1945−神々の黄昏」は発売されてわずか半年しか経っていないにもかかわらず、初回生産分がすでに完売したということです。

現時点ではいずれも再生産の予定はありませんが、国内ではまた流通在庫があると思われますので、お早めにお買い求め下さい。

 

 1/1 

明けましておめでとうございます

今年も昨年と同じく、3台のパソコンに囲まれながら新しい年を迎えました。

皆さん、今年もよろしくお願いします。

まだ発表できないのですが、近日中にビッグニュースをお届けできると思います。

楽しみにしていて下さい。

 

カウンタートレイを自社生産します

ゲーマーズ社が買収されてしまったことから、カウンタートレイの今後の供給はさらに不安定な状況に陥ってしまいました。昨秋にMMP社にオーダーを出しましたが、品切れということで入荷できないままとなっています。 

というわけで、非常に要望の多いカウンタートレイを自社生産、コストの安い台湾で生産することにしました。夏までには販売を開始したいと考えています。

ただし、単価が低い商品にもかかわらず諸経費などを含めた100万円+消費税以上の製作費が大きなネックとなっており、小社に大きな影を落としています。

プレオーダーの受付を開始しますので、興味を持った方はできるだけたくさん予約して下さい。1000個以上は欲しいと考えています。→ プロジェクト100のページ

 

バックナンバーのページ