週間ニュース速報

December 2002

このページはシミュレーションゲームに関連する世界中のニュースと、我がサンセット・ゲームズが日頃どのような活動を行っているのか、そして古角博昭自身の日々の生態(?)を報告するページです。

毎週更新されますが、更新する曜日は決まっていません。

新しい情報をキャッチ次第、そして僕自身が書きたくなったら少しずつ書いていこうと思います。

皆さんからのニュース投稿もお待ちしています。


 12/29 

『ゲームジャーナル』が隔月刊になります

商業化して1年が経過した『ゲーム・ジャーナル』誌ですが、来期(ということは4月でしょうか?)から隔月刊行となるそうです。

最近のGJ誌は、記事の質と非常に向上していて、僕もいつも楽しく読んでいます。これからは期待大ですね。

 12/28 

『関ヶ原』の対決が決まりました

コマンド編集部では、紫藤氏vs新保氏の『関ヶ原』対決の企画が進んでいます。バトルレポートが『コマンド・マガジン日本版』に掲載される予定ですか、決戦の時期など詳細は未定です。

 12/27 

年末年始のスケジュール

勝手ながら、12月28日から翌 1月 5日まで出荷業務だけを休ませて頂きます。

僕は年中無休で働いていますので、メールはいつでもOKです。

出荷業務は 1月 6日から再開しますので、来年もよろしくお願いします。

 12/25 

『戦国大名』の日記を更新しました

『太平洋艦隊』のQ&Aなどで少し遠ざかっていたのですが、また製作作業を再開しました。ルールの改定は武将の項まで終わったところです。

いくつかの質問をアップしました。

 12/20 

OSG社のゲームが入荷しました

これにより、ようやくOSG社のゲームが全て揃いました。

特に年内には『皇帝の戦争−La Guerre de L'Empereur』が日本語ルールを添付した形で全国の小売店の棚に並んでいることと思います。

 12/19 

『太平洋艦隊』のエラッタとQ&Aの第3弾をアップしました

さらに、いくつかのエラッタとQ&Aをアップしました。

Q&Aとエラッタのページをご覧下さい。

 12/16 

アナログゲームコンベンション東京大会のレポート

池袋で行われたAGC東京大会は2500名の人たちがやってきました。でも、ボードゲームに興味を持った人は100人くらいでしたか。

サンセットのブースは開場と同時に大盛況でした。

未成年であろう女の子2人と高校3年生が、『戦国大名』をやってみたいと言ってきてビックリしました。他にも懐かしい面々がチラホラと見え、さすが東京!と唸ってしまいました。

『D&D』を使った『ハーンワールド』のデモプレイにもすぐに参加者が集まって、順調にプレイされていました。

次は来年2月2日の大阪大会です。今から予定を空けておいて下さいね。

 12/13 

『太平洋艦隊』のエラッタとQ&Aの第2弾をアップしました

さらに、いくつかのエラッタとQ&Aをアップしました。

Q&Aとエラッタのページをご覧下さい。

申し訳ありませんが、週明けに第3弾をアップします。

 12/12 

『太平洋艦隊』の追加シナリオをアップしました

さらにいくつスタッフから送られた追加のショートシナリオをアップしました。

Q&Aとエラッタのページをご覧下さい。

シナリオは「珊瑚海海戦リターンズ」と「沖縄戦」で、どちらも1ターンのショートシナリオです。

 12/10 

『シックスアングルズ』第8号は来年4月発売されます

付録ゲームはSSシリーズ『ハリコフ第戦車戦』です。これだけではなく、さらに発展させ、ハーフマップ1枚と合計300個のユニットで第1次から第4次までのハリコフ戦を遊べる4in1パックの仕様となります。

製作/発売はサンセットからではなく、ゲームデザイナーの山崎雅弘氏自身がオリジナルブランドを立ち上げて、今後継続てとと的に『シックスアングルズ』を発行していく予定です。

4月発売予定で予価3800円+消費税。「第6の視角」など、これまでのように記事も充実させるそうです。限定700個で、近日中に山崎雅弘氏のHPでプレオーダーを受け付ける予定です。

ちなみに、『シックスアングルズ』第9号は、ゲーマーズの『スターリングラード・ポケット』のオリジナル版(SCSのシリーズルールに変更する前のバージョン)を予定しているそうです。

 12/8 

『太平洋艦隊』のエラッタとQ&Aをアップしました

遅くなりましたが、いくつかのエラッタとQ&Aをアップしました。

Q&Aとエラッタのページをご覧下さい。

『史上最大の作戦』のエラッタとQ&Aをアップしました

こちらも、Q&Aとエラッタのページをご覧下さい。

 12/6 

サンセット・ゲームズの海外特約店が設立します

米国オリジンズに行くようになってから、海外からの商品に関する問い合わせが多くなっていたため、来年より海外に販売拠点を常設することにしました。

北米(米国とカナダ)…Boulder Games、Cool Stuff Ultdの他、オメガ・ゲームズ社の仲介でいくつかの小売店ですでに販売されています。

オーストラリア…Schutze Games(サンセット・オーストラリア)

この他、ドイツ(サンセット・ドイツ)とフランス(サンセット・フランス)にも後日設立されます。

後々は英文のセールスHPを作って案内を設け、それぞれ現地で買ってもらえるようにする予定です。海外に赴任している日本人のためにも一役買いたいと思っています。

 12/1 

『ハーン・ワールド』の日本語版発売決定

『イースト・フロント』などの積み木シリーズでおなじみのコロンビア・ゲームズ社と、『ハーンマスター』と『ハーンワールド』といったロールプレイングゲームの一連のシリーズのライセンス交渉がまとまりつつあります。

お互いに好意的に話を進め、今日の時点で内定しました。

『ハーンマスター』は『ルーンクエスト』の雰囲気を持つ精密なTRPG、『ハーンワールド』はどのTRPGにも対応している「汎用TRPG世界設定集」です。

12月15日のアナログゲームコンベンション東京大会より、イベントや店頭でチラシを配布する予定です。

バックナンバーのページ