週間ニュース速報

April 2002

このページはシミュレーションゲームに関連する世界中のニュースと、我がサンセット・ゲームズが日頃どのような活動を行っているのか、そして古角博昭自身の日々の生態(?)を報告するページです。

毎週更新されますが、更新する曜日は決まっていません。

新しい情報をキャッチ次第、そして僕自身が書きたくなったら少しずつ書いていこうと思います。

皆さんからのニュース投稿もお待ちしています。

 4/30 

体調を大きく崩しています

『ドイツ南方軍集団』の出荷が終わって気が緩んだのか、28日より大きく体調を崩しています。鼻づまりと咳が止まらず、微熱が続いていて、今日かかりつけのお医者さんに診てもらったら、風邪と言われました。

28日はちょうど今仕事をしているシャーマンキングTCG(1月27日のニュースを参照)の「ふんばりフェスティバル」の西日本大会があり、スタッフとして参加していました。約500名の小中校生が集まって大変な騒ぎで、この頃から喉が痛くなりました。29日も新しいTCGの仕事の研修で出突っ張りでしたが、微熱が続いてとても辛い1日でした。

ちょうど今、皆さんからとてもたくさんのメールを頂いているのですが、『ドイツ南方軍集団』の出荷に関するクレームを除いて、フォルダに残したままになっています。体調が回復次第、お返事を書こうと思っていますので、申し訳ありませんが、しばらく待っていて下さい。

 

 4/27 

『ドイツ南方軍集団』とOSGゲームを発送しました

昨日、小社が発送業務を委託しているローエングラム・アトランティック有限会社から『ドイツ南方軍集団』他の商品を発送しました。

発送に関しては入念にチェックしていますが、万が一、商品の未配、誤配、クレームなどがありましたら、遠慮なくメールを送って下さい。誠実に対応させて頂きます。

一部のOSGゲームがシュリンクなしとなっていますが、この点に関しても、新品がよければ、次回入荷分で交換させて頂きます。

『ドイツ南方軍集団』の出来は、個人的には非常に満足しています。

皆さんはいかがですか?

 

 4/23 

『ドイツ南方軍集団』の発送と入荷時期について

印刷会社から連絡があり、ようやく出荷の日取りが決まりました。

プレオーダーされている方々には、大阪から一斉に26日発送となります。

25日午後にはボードウォークに、26日にはイエローサブマリン新宿ゲームショップ、27日にはその他の小売店に入荷する予定です。

少しずれてしまいましたが、よろしくお願いします。

 

 4/21 

『<MiH>神々の黄昏』が再販されます

モメンツ・イン・ヒストリー・ブランドの発売元であるクリティカル・ヒット社からプロダクツリストがやってきてビックリしました。なんと、『<MiH>神々の黄昏』がリストに載っているではありませんか。問い合わせしてみたところ、「We are reprinting Gotterdammerung」ということでした。

というわけで、予約を受け付けることにしました。『神々の黄昏』以外にも全ての同社製品の予約を受け付けます。下記HP(英文ですけど)を参照の上、御希望の商品と個数をご注文下さい。場合によっては、品切れしている場合がありますことを御了承下さい。

価格はドル定価×170円+消費税(税別)がおおまかな基準です。

MiHブランドのHP http://www.criticalhit.com/MiHPage.html

クリティカル・ヒット社のHP http://www.criticalhit.com/index.html

 

 4/20 

『シックスアングルズ・コレクション』は6月15日発売予定となりました

山崎雅弘氏と協議の結果、7月に開催される米国オリジンズで販売することを考慮して、6月15日の発売が決まりました。『ザポロジェ1943』、『桶狭間1560 第2版』、『サハリン1945』、『ゲティスバーグ1863』の4つのゲームを1パックにしたセットです。

たくさんのプレオーダーをお待ちしています。

 

 4/17 

OSGゲームの発送について

誠に勝手ながら、同社ゲームをご注文頂いている方々には、『ドイツ南方軍集団』の発送と同時期に(一緒に)、ご注文頂いているゲームを送らせて頂くことになりました。

『ドイツ南方軍集団』の発売の遅れによる混乱と、OSG社のゲームをご注文頂いている方のほとんどが『ドイツ南方軍集団』をご予約して頂いている方と重複していることが大きな要因です。

送料も一律600円+消費税とまとめて送るとお安くなりますので、ご容赦下さい。

 

 4/15 

『日露戦争』3番勝負の結果です

Middle-Earth東京支部から速報がやってきました。

新保氏は初戦の紫藤氏にいきなり敗北したものの、第2戦の松山氏には勝利を収めました。時間の関係で、栗山支部長との対戦は次回に持ち越されました。

N黒編集長も取材に来られていたので、次号の『コマンド・マガジン日本版』でレポートが掲載されることでしょう。

 

 4/14 

『Middle-Earth東京支部の『日露戦争』の3番勝負が開催されます

Middle-Earth東京支部で企画が進んでいた「Middle-Earthベストプレイヤー3名で新保氏と『日露戦争』」3番勝負!」が、本日ついに実現するようです。

東京支部からは紫藤氏、栗山支部長、そして大阪本部代表として“バルジの鉄人”松山達雄氏が前日より東京に入っています。

問題は、松山氏が前日の歓迎会で飲み過ぎていないか?ということです。

 

 4/11 

『ナポレオン・アット・ベイ』が品切れしました

予約を受け付けていた『ナポレオン・アット・ベイ』ですが、売り切れてしまいました。

来月には再入荷できると思いますので、引き続き予約を受け付けます。

よろしければ、ご利用下さい。

 

 4/7 

『ハウス・デバイデッド』の入荷が遅れます

ウルリヒ・プレネマン氏からこの件に関して、メールを頂きました。

なるべく急いでもらってはいるものの、発送は5月になるということです。このため、こちらの入荷は5月下旬か6月になるように思われます。

Franz Vohwinkel氏が次の新作『WATERLOO 1815』をデザイン中なので、日本のファンの皆さんにもよろしく伝えて欲しい、ということです。

なにぶん、よろしくお願いします。

 

 4/3 

『ドイツ南方軍集団』の発売が遅れます

駒シートを作ってもらっている印刷会社が駒シートの表裏を逆に打ち抜いてしまい、これからもう一度作り直してもらうことになりました。

ツヤあり用に「史上最大の作戦」、ツヤなしと色、形見本用に「ドライブ・オン・スターリングラード」の駒シートを渡して「同じものを」とお願いしていたのですが、初めての仕事で「抜き」の向きまでは気が付かなかったようです。

もちろん、そのままでも(裏表が逆で)使えるのですが、こういったところにこだわる人もたくさんいる(僕もその一人です)と思いますので、印刷会社には無理を言ってわがままを聞いてもらいました。

このため、勝手ながら発売が遅れます。ご迷惑をお掛けしますが、ご容赦下さい。

25日に発売予定です。

 

 4/2 

品切れゲームが入荷しました

ゲーマーズ社『ビルマ』、『マタニカウ』、MiH社『アイアン・ボトム・サウンド 2』、『ホワイトエンサイン・ライジングサン』、UGG社『ブリッツクリーク・ゼネラル 第2版』、OSG社『ナポレオン・アット・ベイ』、『Last Days of the Grand Armee』、『ハイウェイ・トゥ・ザ・クレムリン』(5個入荷ですでに予約完売)が入荷しました。

皆さん、長らくお待たせしました。ようやく届きました。

ご予約して頂いている方々には、改めてご連絡差し上げます。

 

 4/1 

掲示板を作ろうかと考えています

実はこれまでかたくなに掲示板の作成を拒んできたのですが、最近、皆さんからご要望をたくさん頂くようになり、固い頭が少し柔らかくなってきました。

サンセットとMiddle-Earthのものを作ろうかと思っています。

以前からシミュレーションゲーム共用掲示板に顔を出したいなぁ、と思っているのですが(一度誘ってもらったのですが)、ずっと躊躇していました。

 

バックナンバーのページ