事業所在地 | 口座案内 | メール

最終更新日 07/01/01 11:15 am


サンセットゲームズはアナログゲーム・アソシエーションの法人会員です。
サンセットゲームズはゲームクラブ「ミドルアース」と「ベルセルク」の公式スポンサーです。
『ナポレオン』 ルールの変更点


v3.2→v3.4の変更点

赤字の部分が追加、変更された部分です。

ユニットの種類
国籍     ユニット  ラベル
プロシア  黒      グレー/青

3.2 ヒストリカル・セットアップ
史実と同じセットアップは、7〜8ページに記載されています。ユニットは全て最大CVで配置されます。

両軍のセットアップ表 (PDFファイル 418KB)

6.2 戦闘配置
  削除
例:防御側プレイヤーは、4個のユニット(白色)を右翼と左翼に1個ずつ、中央に2個を配置しました。攻撃側プレイヤーは、5個のユニット(黒色)を左翼、右翼、中央に1個ずつ、予備に2個を配置しました。

7.3 スピード
ユニットは、通常の移動力で退却します。すなわち、歩兵と砲兵は隣接する町に、騎兵と指揮官は2つ先の町まで退却することができますが、退却が完了する町と退却時に通過する進路に関しては、7.1項の退却方向のルールが適用されます。退却する時に強行軍することはできません。

7.5 壊走 → 7.4 混乱 の最後に移動
退却の例:
防御側プレイヤーは、戦闘に8個のユニットを参加させていましたが、退却することにしました。この退却には、主要道路と一般道路が1本ずつ利用できます。各戦闘ターン毎に、主要道路を使って2ユニット、一般道路を使って1ユニットの合計3ユニットが退却できます。全てのユニットが退却するには少なくとも3戦闘ターンが必要で、それまでの間、壊走を避けるために、戦術ボードの各マスに常に少なくとも1ユニットを残しておかなければなりません。最後に残る3ユニットは、戦闘中ならば壊走の可能性があるので、これら3ユニットを騎兵ユニットで揃えておくのが基本的な戦術です。

8.1 戦闘移動
交戦移動:センターラインを越えて敵ユニットのいるマスに進入して、交戦するための移動です。プレイヤーは、自軍の右翼、左翼、中央のいずれかのマスにいるユニットを、ちょうど対面の敵のマスに移動させたり、予備に配置されているユニットを両軍ユニットがいる自軍の右翼、左翼、中央のいずれかのマスに移動させられます。交戦移動で横方向に移動することはできません。砲兵ユニットは交戦移動できません。

10.0 指揮官
ナポレオン、ブリュッヒャー、ウエリントンの3人は指揮官です。これらのユニットは、自軍ユニットは移動と戦闘に以下のボーナスを与えます。
ブリュッヒャーはプロシア軍ユニットのみを指揮できます。ウエリントンはイギリス軍ユニットのみを指揮できます。
指揮官は1ステップのユニットで、1ヒットを受けると直ちに除去されます。ナポレオンが除去されると、ゲームはその時点で連合軍の勝利で終了します。
指揮官はいかなる場合も、展開や道路や河川の通行制限を受けることはありません。

13.3 指揮系統
 いずれか1つの戦闘配置(左翼、中央、右翼)では、同じ軍団に所属する歩兵ユニットだけが1回の戦闘ターンに射撃することができます。他の軍団に所属する歩兵ユニットは離脱もしくは手順をパスすることができます。
 軍団の所属は駒の左上に記載されています。
例:イギリス軍歩兵ユニットはT、U、そしてRの軍団で編成されています。

この軍団の所属に関する制限は、戦術ボード上にいる全ての歩兵ユニットに対して攻撃時にも防御時にも適用されます。ヒットに関するルールは通常通り適用されます。
 砲兵と騎兵にはこの制限は適用されず、通常通りの射撃を行えます。